HOME>Column>原状回復工事を安易に選ぶと大変なことに!業者選びの注意点

原状回復工事を安易に選ぶと大変なことに!業者選びの注意点

作業員

最近ではこんな悪徳業者も・・・

オフィス・店舗などの原状回復工事を行う場合、借主が費用を負担します。もちろん借主は、なるべく安く費用を抑えたいので、自分で業者を選びたいと考えます。しかし、賃貸契約をする時の契約内容によっては、借主が業者を指定できません。ほとんどの契約では、オーナーが業者を指定することになっています。オーナーが日頃から贔屓にしている業者の場合、原状回復工事費用が高くなることがあります。業者は競争相手がいない為、コストを減らす必要がないからです。ですので、場合によっては、建築材料や人員が水増しされていることがあります。このような悪徳業者もあります。もちろん、こう言った業者ばかりではありませんので、安心してください。次に賃貸契約をする時は、原状回復工事の業者を指定できるかを、調べましょう。

室内工事

良い業者かどうか判断する方法

通常、貸していた部屋が空室になった場合、原状回復工事します。原状回復工事を業者にお願いをする訳ですが、良い業者を選ばなければ、通常より高い費用を支払うことになる可能性や、様々な問題が起こります。では、どのようにして、良い業者を判断するのでしょうか。まずは対応が早い業者が良いです。なぜなら、対応が遅いと、空室期間が必然と長くなります。そうなると、減収に繋がるからです。次に技術力です。技術力が低い業者に頼んでしまうと、再施工等をしなければいけない可能性が出てきます。入居者との信頼に大きな溝を生む可能性がありますので、技術力が低いと感じたら、業者を変更するようにしましょう。親切で、説明をきちんとしてくれる業者もお勧めです。説明をきちんとしない業者は、直す必要のない箇所を直して、工事費を高くする可能性があるからです。