HOME>Column>原状回復工事を依頼する前に知っておくと役立つこと

原状回復工事を依頼する前に知っておくと役立つこと

室内工事

コストをかけないためにも下準備が必要!

原状回復とは、何らかの理由で規約解除、物件の明け渡しをしないといけないときに契約前の状態に戻してから明け渡すことを言います。賃貸マンションや店舗などの契約においては、そのほとんどが退去時に原状回復する義務を契約書の中に謳っています。特に多いのが住居用の場合は契約期間満了後に行うことがほとんどなのに対して、オフィスや店舗などの場合は契約期間内に原状回復工事を終わらせることを知らなかったというものです。契約の内容によっては異なることがあるかもしれませんが、ほぼこのような内容になっていることが多いはずです。このことを知らないと契約期間内に原状に戻すことができず、工事が完了するまでに超過した日数分の賃料も払わなかったりしないといけなくなったり、違約金が発生するケースも出てきます。この工事は解体業者や管理会社などにも迷惑をかけてしまうなどおもわぬことになってしまいますからしっかりと確認しておき、おもわぬコストがかからないように注意する必要があります。

作業員

原状回復工事業者はこんなサービスも提供している!

契約前と同じ状態にする原状回復工事業者の存在はありがたいものです。一般的に賃貸物件の原状回復工事を行う業者は、建設会社・工務店、職人さん・専門工事業者、原状回復に特化した業者の3タイプあります。建設会社系の業者は一般的に大がかりで高コストになりがちですが、リノベーション工事も行うなどの付帯サービスを実施するケースでは強みを発揮することも多いです。次に職人系の業者は、中間コストがかからないことが多いため価格が抑えられるという利点があります。また融通の利くサービス工事を行ってくれることもあります。最後の原状回復専門業者は1人で複数の施工ができる対応がとれていてスピーディーです。また不用品の撤去や買取り業務などの付帯サービスがあることが多く、柔軟な対応をとってくれることがほとんどです。いずれも独自に行っている付帯サービスをうまく利用してコストダウンを図りましょう。